Sponcerd Link


チューブトレーニングの正しいやり方とコツ

以前紹介したトレーニング記事、『水泳に役立つストレッチコードを活用したチューブトレーニング』で、しっかりと最後まで紹介してほしいと言う事で、新しく書きました。
今回はフィニッシュまでしっかりと解説していきます。


姿勢を良く行う

チューブトレーニングをする際に最も注意しなければいけないのが姿勢です。


なぜかというと、姿勢を悪くすると、怪我に繋がる事や強化したい部位を鍛えられない結果になってしまうからです。
チューブトレーニングでは、腰を曲げますが、背中がなるべくまっすぐなるようにします。


その上で何よりも注意したいのが、上半身が上下に動かない様に注意しましょう。

キャッチの時は背中を使う

最初のキャッチの時に、意識してもらいたいのは広背筋を使うと言う事です。


三角筋を使ってしまうことが非常に多いのですが、広背筋を使いましょう。
なかなか意識がしづらいのですが、肩甲骨を前にずらしながら肘を曲げると意識がしやすいです。

フィニッシュでは三頭筋を使う

最後のフィニッシュでは、しっかりと押し切りましょう。


三頭筋、以下の部位です。
Triceps_brachii


身体から遠い位置でやってしまうと意識がしづらいのでスイムにも役立つようにしっかりと身体に添えてフィニッシュしましょう。




この記事は、Swim Speed Secrets: Halo Swim Tubing and the Diagonal Phaseより引用した動画・画像を元に独自解説しています。