クロールのキック、バタ足を速くするには、この練習を!

スポンサードリンク

やっぱり水泳の最初の難関はクロールのキック、通称バタ足。
けれども、中級者になってもなかなか速いバタ足を身につけるのは難しいものです。
今回は、バタ足をアニメで解説していきます。


バタ足のヒントは身近なところに

動画の中でも解説をしてくれていますが、キックはいきなりやろうとしてもなかなかうまく蹴ることができません。
どうしても痙攣のようなキックになってしまったり、足が棒のようになってキックを打つということがおきてしまいます。


また、上手くキックを打とうと色々な練習方法を考えたりしますが、なかなかどれも人によってはピンとこないものです。
動画の中では、自転車こぎのようになってしまうとありましたが、指導をしていて
「自転車を漕ぐように蹴ってみてください」
と言ったところ上手くいった人もいるので、なんとも言えない所です。


バタ足が進むのは、水を後ろのほうに蹴ることで前に進みます。
基本的な原理はこれにつきます。
けれども、なかなかこの感覚が難しい。
では、どうやって学んだらいいのでしょうか。


答えは、階段にありました。
階段を降りるときの動作をちょっとずつやっていってみましょう。
キックを打つときのように足が動いていきます(もちろんちょっと動きは違いますが)


キックを打っているようなイメージで階段をくだっていきましょう。
そうすることで、足の動作を自然と学ぶことができます。
実際にやってもらったところ、多くの方が改善することができました。
(万能ではないんですが・・・)


基本となるクロール、背泳ぎのキックであるバタ足。
是非とも良い足の動かし方を学んで速いキックを身につけてみてください!


この記事は、youtube内『TAKATNTAKA』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

top_speed_banner
swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル