バタフライでのキックをもっと効果的に打つために大切なこと

スポンサードリンク

バタフライのキックは通称ドルフィンキック。
ドルフィンキック単体を速くするのではなく、スイムでのバラフライのキックを速くするために考えていきましょう。


バタフライのキックイメージ

泳ぎの中で効かせるためには?

ドルフィンキックをうまくするためには、ビート板をもって、ドルフィンキックの練習をすればいいです。
ですが、泳ぎの中、スイムの中でバタフライのキックをどう効かせるかは、コンビネーションの練習になります。


板キックでキックだけやるときと、スイムでプルなどをやりながらキックをするときの違いはなんでしょうか?
それは、キックはキックのみに集中すればいいですが、スイムの時には、腕や肩などの動きの中でキックをしなければいけないということです。
キックは早いのに、スイムだと遅くなってしまう人は、これがうまくできていません。


できていない人の大きな原因2つは、

  • 他の動きでキックが弱くなっている
  • 効果的なタイミングでキックできていない
  • です。
    一つ一つ解説していきましょう。

    他の動きでキックが弱くなっている

    非常に気付きづらいポイントですが、これは非常に多い原因です。
    どんな状況かというと、上半身の動きなどがキックの邪魔をしているという状況です。
    一番わかりやすいのが、顎が上がった状態でキックを打ってしまっているということ


    人間の身体は顎が上がった状態では、力が入りづらい構造になっています。
    ですので、普段はキックを打っているときは、顎がひいてパワーが入った状態でキックができているのにもかかわらず、スイムではできていないということになります。
    大事なことは、パワーが入る体勢を作っておくということが重要です。


    キックが早いのにかかわらず、スイムではいまいち、な人は、片手バタフライをやるといいでしょう。
    左右で違いがあれば、遅い、もしくは打ちづらい方があれば何が違うのかを比較することで自分の悪いポイントがわかるでしょう。

    効果的なタイミングでキックできていない

    続いてのポイントです。
    前者ともかかわりがありますが、第一キック、第二キックでタイミングがずれているということが多くあります。
    パワーのあるキックを打てたとしても、タイミングがずれていれば、抵抗を大きく受けてしまうだけで、進みが悪くなってしまいます。


    第一キックも第二キックもいろいろな強化方法がありますがピックアップした記事はこちらになりますので、是非ともどちらも特になるようになりましょう。


    何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

    top_speed_banner
    swimsupport_banner

    サービス サービス

    swim gear
    swim menu
    swim support

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル