自由形のキックを早くするための練習方法

スポンサードリンク

バタ足。
それは、シンプルな動きながら奥が深い動きでもあります。
なかなか早くなれないバタ足を今回は早くするための練習方法をお伝えします。


フラッターキック

通常、バタ足などはビート板をもってトレーニングをしていきますが、今回のトレーニングでは、ストリームラインのままキック練習を行ないます。
この練習のメリットとして、スイムのときと同様の足の使い方が出来るため、非常に実践的になトレーニングになります。
この体勢でのキックが早くなれば、まちがいなくスイムでのキックも早くなります。


また、フラッターキックで使う道具としておすすめしたいのは、センターシュノーケル


センターシュノーケル


この道具を使うことで、呼吸をするときの身体のブレを防ぐ事ができます。
また呼吸に邪魔されることなくキックに集中が出来るので、良い泳ぎを作りやすくなります。


フラッターキックで意識したいのは、足だけで打たないこと。
どうしても板キックのときに比べて、安定するものが無いため足だけでちょこちょことやってしまいがちなので気をつけましょう。
しっかりと身体の中心からパワー発揮するように意識しましょう。

ヴァーティカルキック

続いてヴァーティカルキックです。
何度もswim mediaでは登場している、なじみのあるトレーニングですね。
とはいえなかなか練習する場所が難点なのですが・・・


慣れてくるまでは、フィンをつけてやることで身体を浮かせやすくなります。
スイムフィン


センターシュノーケル


もちろん慣れてきたらフィン無しでOK。
一番難易度が高いのは、ストリームラインを組んだ状態でのヴァーティカルキック。
まず最初は、手を沈めた状態から初めて、徐々に手を上げていくことをおすすめします。
あまり無理しないでくださいね。


ヴァーティカルキックで意識してもらいたいのは、姿勢。
どうしても腰が曲がってしまいがちになりますが、綺麗な姿勢のまま泳ぐように意識しましょう。
そうでないと、せっかくのキック練習が無駄になってしまいますよ。


この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

top_speed_banner
swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル