背泳ぎのボディポジションを高くする為のドリル練習

スポンサードリンク

背泳ぎでは、「高く・細く・長く」がキーワード。
今日はボディポジションを高くする練習をしていきましょう。


腕乗せドリル

背泳ぎのトップ選手を見ると物凄く綺麗な泳ぎをしていますが、マスターズの選手をみると「・・・」となるのが大半です。
その理由は、姿勢にあります!


どういう事かというと、呼吸をするときなどに鼻に水が入らないようにしたいがために、背中が丸まっている事が大半なのです。
背中が丸まった結果、腰が沈み、水の抵抗も受けるようになり、どんどんと負のスパイラルに陥ってきます。


と、いうことで、今回は姿勢を良くボディポジションを高くする練習を行なっていきましょう。
どうやるかというと、仰向けにキックを打っていくのですが、頭をビート板に乗せるようにしてキックを打っていきます。
腕はストリームラインではなく、肩の延長線上、真っ直ぐの位置に伸ばすようにしましょう。


ビート板に身体をしっかりと預けられないと、身体が「くの字」に曲がってしまいます。
その為、しっかりと身体を預けて、胸を反る位の勢いで身体を預けるようにしましょう。


上半身を反った状態で、しっかりと体幹を使う事で、下半身もスッと上がってくるようになりますよ。



この記事は、youtube内『森隆弘』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル