背泳ぎのペットボトルを使ったドリルをやってみましょう

スポンサードリンク

全ての泳ぎで真っ直ぐ泳ぐ事は重要です。
今回はペットボトルをつかったドリルを二つご紹介していきます。


ペットボトルドリル

入江選手がやった事で有名になったのがこのドリル。
ペットボトルを頭の上に乗せて、泳いでいきます。


ただ、これはただ泳げれば良いわけではありません。
左右へのブレや、頭の前後のブレなどを確認するために頭の上に載せています。
スピードが遅い状態からやっていき、徐々に徐々にスピードを上げていきます。
パワーを上げた状態でも安定した泳ぎを身につけましょう。


続いて、ペットボトルキャッチアップ
通常キャッチアップは、キャッチの前で待った状態で行なうのが通常。
今回は、ペットボトルを上に掲げた状態でやるキャッチアップです。
難易度はかなり高いです!


いつもよりもキャッチで水を押さえ、キックを強く打ち続けないと身体が沈んでしまいます。
とはいえ、これをやり続けるとフォームが崩れてしまいますので、ペットボトルを頭の上に乗せるドリルも混ぜてやりましょう。


この記事は、youtube内『KOHEIJAPANREMIX』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル