腹筋でキックを打つというコツを掴む為の陸トレ方法

スポンサードリンク

腹筋を鍛える方法といえば、上半身を持ち上げるトレーニングが一般的です。
今回は下半身を持ち上げる事で腹筋の深層部を鍛えていきましょう。


ヒップリフトアップ

では、早速やっていきましょう。
仰向けに寝転がります。両手は左右に広げ地面を押さえられるようにしておきましょう。


足を真っ直ぐにしたまま、股関節の角度を90度まで持ち上げていきます。
身体が固い選手は、膝が曲がったりしてしまいますが、可能な限り伸ばした姿勢を取ります。
この状態から、腹筋を使って、下半身全体を持ち上げます。


上げ方として、激しく持ち上げるというやり方ではなく、軽く動かすようにしましょう。
何回も繰り返してくると腹筋の奥底がじんわりと効いてくるでしょう。
このちょっと辛い状態から何回か動作を続けていきましょう。


腹筋は下半身を動かすパワーにもなります。だからこそ腹筋でキックが速くなるということもありうるのです。
とはいえ、いきなりやっても難しい為、腹筋を使って下半身を動かす感覚を掴んで頂きました。


この記事は、youtube内『Strong Runner』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル