バタフライのキック、ドルフィンキックを上手くする練習方法

スポンサードリンク

トップ選手であればあるほど、ドルフィンキックが上手い選手が多いんです。
とはいえどんな選手も最初からバタフライのキックであるドルフィンキックが上手かったわけではありません。
ステップを踏んで、練習していきましょう。


ドルフィンキックの基礎

ドルフィンキックは、うねりが重要な動きとなります。
足だけでキックを打ってしまうと、足ばかり疲れてしまい実践に繋がりません。


しっかりと上半身の力も使って打てるドルフィンキックを身につけていきましょう。
まずは、身体の動きを体得していきましょう。


ストリームラインではなく、気をつけの姿勢をとった状態で身体を「くの字」にするようにキックを打ちます。
打つ前に少し身体をそらしてもかまわないので、最初に全身を大きく動かしてキックをうちます。
このとき、上半身の動きの力が下半身にまで伝わっているように感じられるまでやりましょう。
足だけで打ったときよりもパワフルにキックが打てるようになっていればOKです。


続いて、気をつけの姿勢のまま、身体をうねらせていきます。
先ほどやった「くの字」の動きを頭→胸→腰→膝→足と順序を変えて沈めていきます。
頭を突っ込んだときのパワーを徐々に下半身側へと伝えていきましょう。
ここが一番難しい部分なので、何度も練習するようにしましょう


キックを打って沈み込んでいくときに顔は下を向いたまま、後頭部から水面にあがってくるようにします。
こうすることで、うねりが連続的の行なえるようになります。


最後に、ビート板を持って練習していきましょう。
先ほどやったよりも頭は動かせませんが、軽く頭で先行動作を行い、胸から本格的にうねりの動作をスタートさせます。
小さく波の軌道を描けるような動きができると良いですね。


この記事は、youtube内『YTswimmingschool』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル