泳ぎに繋がるスクワット

スポンサードリンク

膝を痛めずに足を強化する

あなたは、いま何歳ですか? 年を取ると筋力が弱まり、怪我をしやすくなります。 トレーニング中に怪我をしないようにするのもそうですが、しっかりと強化もしていきましょう。

今回のポイント

  • 1.膝の位置
  • 2.着地の注意
  • 3.ジャンプの時の意識

1.膝の位置

膝の位置はなるべく前に出ない様にしましょう。 出てしまう事はしかたないのですが、前に出過ぎると怪我をします。 注意しましょう。 椅子に座るようなイメージでしっかりとしゃがみこむことが重要です。

2.着地の注意

着地についてしっかりとつま先・股関節からしっかりと柔らかく着地しましょう。 当然激しい着地はNGです。 前ももを鍛えたい時はつま先から普通に着地しますが、 ハムストリングスを鍛えたい時はジャンプを小さめにし踵から着地するようにしましょう。

3.ジャンプの時の意識

トレーニング中にしっかりと泳ぎを意識してもらいたいのですが、 水泳で使えるポイントは以下の通り ・スタート時 ・平泳ぎのキック ・ターンした後の壁を蹴る時 しっかりとトレーニング最中にも水泳で使えるように意識をしましょう!

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル