水中で身体を沈める感覚を身につけよう

スポンサードリンク

水中に慣れる、という事は泳げる事だけでなく、水中で自由に動けるようになる必要があります。
呼吸と水中での感覚を繋げていくドリルワークをやっていきましょう。


ただ沈むだけ

さぁ、動画を見て早速やってみてください。
意外と皆さん出来なかったりするんですね。


何をやっているかというと、ただ息を吐き出すだけです。
浮力である肺の中の息を吐き出す。
これをやる事で身体を沈ませていく。ただこれだけです。


やった事無い方は思ったよりもただ息を吐くだけなんですが思ったよりも沈まなくてびっくりするかと思います。
人間の身体って意外と浮くんですよね。


皆さんに体感して頂きたいのは、この浮く感覚・どこまで息の吐き出すと沈むか
この二点。
思ったよりも水中だと自分の身体は意外な動きをしたりするんです。
是非とも身体の感覚を研ぎ澄ましていってくださいね!



この記事は、youtube内『Natation pour tous』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル