キャッチで肘を立てるコツとその練習方法

スポンサードリンク

今回はバタフライのキャッチのみを集中して練習していきましょう。
難易度が高いバタフライだからこそ、丁寧にやっていきましょう。


キャッチだけをやるドリル

とにかく今回のドリルはキャッチだけをおこなっていきます。
大事なのは、肘を立てて前腕全体で水を掴むということ。


水を前腕全体でつかむことが出来ることで、水をたくさんつかめるだけでなく、肘がしっかりと立てられるということは、背中も使うことができているということです。


肘をしっかりと立てるコツは、少し肩を内側にひねるようにしてあげると良いでしょう。
肘を立てるといって肘だけに注目するのではなく、その周辺の関節の動きを意識してあげるとスムーズに動かすことが出来ますよ!



この記事は、youtube内『SwimLabs』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル