リカバリーに力が入ってしまうときにはこのドリルをやろう

スポンサードリンク

リラックスしてください!といわれたってなかなか出来ませんよね。
そもそもどこに力が入っているかも分からなかったり。
今回は脱力を練習しましょう。


力を抜くからパワーが出る

筋肉は、ゴムのような性質を持っています。
ただし、力を入れた状態をキープしてしまうと柔軟性がなくなってしまいます。


筋肉は伸び縮みします。
ストレッチのときには力を抜いてストレッチしますね。
泳いでいる最中に力が入ってしまっていると、もう少し腕を伸ばせるのに、筋肉で伸びを止めてしまうことになります。。


今回のドリルでは、リラックスする状態を作り出し、脱力と力みがコントロールできるようにしましょう。
頑張らないことも、大切なんです。


通常通りクロールを泳いでいくのですが、リカバリーだけ少し変化させます。
リカバリーをリラックスし、肘から動かすように意識して前まで動かしたらそこでとめます。
肘が上に吊り上げられているようなイメージをして、手先や肩などをリラックス。


リラックスした状態で、一度後ろに戻します。
手先はなるべくリラックス。大きく動かしましょう。
再度前に動かして入水をしたら、次の手にうつります。


リカバリーをしている手はリラックスをしていますが、下の手は繊細に水を扱っていないといけません。
身体が沈まないように、しっかりと水を腕全体で押さえ込み、身体を浮かせましょう。


キックは強く打つことが望ましいのですが、パワーを出そうとしすぎてキックの幅が大きくなりすぎないように注意です。
細かくしなやかなキックを打つようにしましょうね



この記事は、youtube内『iSportdotcom’s channel』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル