クロールのローリングを覚える

スポンサードリンク

片手クロールで泳ぎのバランスを整える

泳ぎでは様々なポイントを注意しなければいけません。
身体のひねり、手の入水、足の蹴り下ろしなどなど複数の事を同時に考えながらやらなければいけません。
一つ一つ丁寧にやっていくことが強くなるポイントです。
今回のトレーニングはローリングを意識して練習しましょう。


今回のポイント

  • 1.全身をひねる
  • 2.タイミングを合わせる
  • 3.片手でのタイムトライアル



1.全身をひねる

今回のポイントは先ほどお伝えした通り、ローリング。
しっかりとした身体のひねりを身につける事が重要です。

片手クロールだとローリングを非常に意識しやすく、オーバーアクションでやりやすいんですね。
大事な事は何かを強化したい時はおおげさにやるということ。

まず最初は、いつもよりおおげさにローリングをしてローリングの動きを身体に覚えさせましょう。


2.タイミングを合わせる

さぁ、どんどんと難しくなっていきますよ。

今回は大げさにやったローリングを通常の位置に戻しつつ、フィニッシュと呼吸のタイミングを合わせます。
よくあるのが、フィニッシュと呼吸のタイミングを合わせる事だけに意識がいってしまい、ローリングができていないことが多々あります。

しっかりと今回のポイントであるローリングを忘れずにタイミングを合わせるようにしましょう。


3.片手でのタイムトライアル

通常のスイム以外でのタイムトライアルってやったことありますか?

是非やったことない方は、今回のドリルでタイムトライアルをやってみてください。
おすすめは、最初何も意識せずに自分のやりたいようにやり、その後しっかり丁寧にフォーム練習などを行なった上でタイムを計ります。

練習が上手くいっていれば当然速くなりますし、もし間違っていると遅くなります。タイムを一つの指標として捉えて頑張ってみてくださいね。




この記事は、AQLUB 成人マニュアル~クロール編~ 体側片手ドリルより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル