ターンが上手くなる為にドルフィンキック上手になろう!

スポンサードリンク

ターンという局面は、競泳においてテクニックが要求されるシーンですね。
上手い人のターンは、加速をします。
下手な人のターンは、減速をしてしまいます。
今回は、ターン後のドルフィンキックをどうしたらいいか、一緒に考えていってみましょう。


ドルフィンキックのタイミング

随分前の記事になりますが「スタート後の浮き上がりの正しいやり方とコツ」で、スタート後のキックのタイミングをお伝えしました。


どんなタイミングだったか覚えていますか?
そう、しばらく待ってからキックのMAXスピード以下になってからキックする、でしたね。


スピードグラフ


大事な事は、しっかりとしたタイミングで進むキックを打つと言う事です。
焦ってはいけません。

ドルフィンキックの動き

平泳ぎ以外の種目ではどの種目もターンの局面ではドルフィンキックを使います。
(背泳ぎではバサロですが)


今回の映像で特に注目してもらいたいのは身体のうねりの動き。
しっかりとしなやかに身体が動いていますよね。
この動きが大切なんです。


当然ただうねるだけではなく、身体のパワーを下半身に伝えてあげることが重要です。
まず最初に、動画のようにゆっくりとドルフィンキックを打って、パワーを発揮する事を覚えていきましょう。
次に、徐々に動かすスピードをあげていきながらもパワーを変わらず発揮できるようにします。
最後には、キックの幅を狭くすることでスピードのあるしなやかで強いドルフィンキックを手に入れる事が出来ますよ。


この記事は、youtube内『Go Swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

top_speed_banner
swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル