クロールのリカバリーを上手くして息継ぎを楽にするコツ

スポンサードリンク

クロールでリカバリーはおそろかになりがちですが、リカバリーを上手く行う事でプルへのパワーに転換する事が出来ます。
しっかりとしたリカバリーを身につけていきましょう。



良くあるリカバリー

プールで多く見かけるリカバリーが顔を真上に上げつつ、手は真横を通るというリカバリーを良く見ます。


これは全く非効率的で、直す必要があります。
その他、極端に上に上がり過ぎていたりする事もありますので、丁寧に直していきましょう。

正しいリカバリーをする為のコツ

多くの方がリカバリーを行う時どこを意識していますか?と聞くと答えるのが「手」です。


皆さんはいかがですか?どこで意識しているでしょうか?


可能であれば肩を意識してもらいたいのですが、まずは肘でまわす事を意識しましょう。
肘から先は力を入れずに、肘を上に引き上げまわしていくようにすると自然と手がついてきます。


肘でまわす事でより少ないパワーでリカバリーをすることができます。

プルへのパワーへ繋げるコツ

冒頭リカバリーを上手くやるとプルへのパワーへ転換出来るとお伝えしました。


どういうことかというと、肘を高く上げたその位置エネルギーが斜め下に落ちてくるパワーを上手く逆の手に伝えていきます。
また身体のひねりなどを手に伝えていく事で、よりパワーを引き上げる事ができます。


大切な事は、リカバリーしている手や身体の動きを反対側の手へと力を流していく意識を持つ事です。



この記事は、Swim Speed Workouts: Out of Water or Over Water Recovery Drilより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル