水泳やるなら鍛えておきたいたい筋肉、大臀筋のトレーニング

スポンサードリンク

ボディポジションを高めることや、身体を浮かせるためには、背中側の筋肉が重要です。
体幹だけではない、大臀筋のトレーニングを行ないましょう!


身体を引き上げるために重要な動き

ボディポジションを高めるためには、浮力をしっかりと全身に伝えることが重要です。
止まった状態のストリームラインでは、肺の浮力を全身に。
泳いでいるときにはスピードが出ている状態の浮力を全身に。


今回は、大臀筋をしっかりと効かせるためのトレーニングです。
ストリームラインで身体を浮かせるときに、一番沈みやすいのが下半身。
その下半身を浮かせるために重要となってくるのが、大臀筋になります。
お尻をしめるようにすると下半身が浮いてきやすくなりますが、この時に使う筋肉です。


ではトレーニングの方法を説明していきます。
まずは四つんばいになった姿勢をとりましょう。
背中が真っ直ぐ、手や肩や股関節、膝などの角度が全て90度になる位置をとります。
この姿勢が重要なのでしっかりと姿勢をキープしましょう。


この状態から、片方の膝を軽く浮かせ、膝の角度などを変えないまま、股関節を動かして横に広げていきます。
真横までは上げる必要はありませんが、徐々にあげつつ、お尻の筋肉にきくようにしていきましょう。
元の位置に戻していくときも姿勢が崩れないように注意しましょう。
余裕が出てきたら腹圧もしっかりと入れた状態で行なうようにしましょう。


この記事は、youtube内『School of Tri』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル