ロクテの背泳ぎのキック

スポンサードリンク


背泳ぎのキックを制するものは背泳ぎを制す

背泳ぎで早い人との差になりやすいのがキック。
他の人と比べて背泳ぎのキック、早いですか?遅いですか?
しっかりとキックをマスターして、他の選手と差をつけていきましょう!



今回のポイント

  • 蹴り幅を狭くする
  • 水を後ろに蹴る
  • ローリングと連動させる



蹴り幅を狭くする

背泳ぎのキックをやる際に、非常に多くの選手が蹴り幅が大きくなってしまいます。
この後のトレーニングをしていく上でも大きくなってしまいがちなので注意してください。

これは背泳ぎだけでなく他の種目でもいえますので注意してみましょう。

水を後ろに蹴る

キックをただ打っているだけになっていませんか?
キックでも前に進む事ができるのですが、そのポイントは水を後ろに蹴ると言う事です。

アップキックでは斜め上に蹴るようなイメージ。
ダウンキックでは、ひざ裏で水を抑えつけて進んでいくイメージ。

しっかりと映像を目に焼き付けて真似をしていきましょう。


ローリングと連動させる

キックを足だけの力でやろうとすると、上手くいきません。
足だけでやろうとすると、後半にバテが出てきますし、進むキックが打てません。

更に強いしなやかなキックを打つ為には、ローリングと連動させ、ねじりこむようなキックを打つ事です。
イメージは映像をみてもらいたいのですが、ねじりこむキックが打てると
腹筋・内転筋も使う事ができるのでより全身を使って進む事が出来るようになります。



今日の名言

迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい。

星野 仙一

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル