あえて進みを悪くする負荷トレーニング

スポンサードリンク

トップ選手もやっている負荷をつけた練習。
今回は負荷を加える道具を使った練習をご紹介します。


負荷トレーニングの目的と注意点

動画で言うと、パラシュートのような道具です。
これらの進みが悪くなる道具はいくつもありますが、そのやり方と注意点を解説していきます。
もし別の道具を使うとしても負荷を付けて練習を行なっていく時には同様の注意が必要ですので学んでいきましょう。


まず、目的です。
通常のスイムよりも進みが悪くなる事で、よりパワーが必要になります、
また、パワーだけでなく、フォームにも注意しやすくなります。
通常よりもゆったりと進む為、より丁寧に泳ぐ事ができます。


注意点としては、進みが悪いのですが、姿勢が悪くなる事が多いです。
そのため、悪い姿勢でパワー発揮をしようとした結果、怪我に繋がります。
進みが悪くなる負荷をつけたトレーニングの時には、姿勢に特に注意が必要です。



この記事は、youtube内『Swim Smart』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル