ビート板を使ったドリルワーク

スポンサードリンク

しっかりとした体幹を作れていますか?
体幹をぶらさずに真っ直ぐ泳げるだけで泳ぐスピードはだいぶ変わります。
少し面白いドリルを使ってやってみましょう。


ビート板パンチ

ビート板にのった状態の姿勢を作って前に向かってパンチをしていきます。


panch
大事なことはしっかりと身体を真っ直ぐにして手、肩甲骨から伸ばすようにします。
身体が水平になったまま、手を伸ばすことが出来ると身体が前に引き上げられるような感覚がつかめると思います。


あまり動かしすぎずに、でも自分にとって最大限動かしていきましょう。


ビート板スイム

このドリルでは、身体がぶれない範囲を理解していきましょう。


どういうことかというと、通常のスイムをやっていると、どこまでもローリングが出来てしまうため、
オーバーローリングになっている選手が意外といたりします。


ビート板を置くことによって水平な状態でしか泳ぐことができないので、オーバーローリングを阻止できます。


実際のスイムをやってみる

2つのドリルでやったことをしっかりと意識してフォームを整えましょう。


まず最初は、身体を水平にするところから。ビート板が無かったとしてもあるような意識をして泳ぎましょう。
続いて、肩甲骨から伸ばすようにすること。一つ目のドリルでやったように身体は固定していても肩甲骨から動かすようにします。


少しいつもよりも泳ぎがコンパクトになりますが、その中でもしっかりとストロークを広げて泳ぐようにしましょう。




この記事は、より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル