クロールの良くある間違った泳ぎ方とそのポイント

スポンサードリンク

クロールは一番基本だからこそ、より丁寧に泳いでもらいたいのが私たちの思いです。
良くある間違ったストロークのやり方と、間違っていないストロークを見ていきましょう。


正しいストロークって?

実は、正しいストロークを定義するのは非常に難しいんです。
何故なら距離によって何が正しいかが変わってくるので。


ですが安心してください。
間違ったストロークなら説明する事が出来ます。
間違ったストロークには大きく二つあります。


1つ目が身体の外をかき過ぎている。
動画の最初の間違いのやり方です。
肩幅よりもはるかに広い位置でストロークをしてしまっています。


これはローリングが出来ないですし、パワー発揮ができません。
その為、必死にかいているつもりでもなかなか前に進めないと言う事が起きてしまいます。


2つ目が、身体の内側をかき過ぎている。
動画でも2番目に出てきますね。
明らかに身体の中心線よりも内側をかいてしまっています。


ローリングは出来るものの、パワー発揮が出来ません。
パワー発揮をしようとするとローリングが激しくなってしまい、その為オーバーローリングになってしまいます。


では、間違っていないストロークとはどういう事でしょうか。
人によっては、これも外にかき過ぎではないかという意見があると思いますが、先ほどの二つよりも良い位置にありますね。
また、肘がしっかりと立っている為、パワーのあるストロークが出来るようになります。


身体の内側すぎたり、外側すぎないように注意して日々クロールの泳ぎ方をチェックしていきましょう!



この記事は、youtube内『Nabaiji』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル