メンズ競泳水着 人気ランキングおすすめ10選!【試合・大会編】

スポンサードリンク

競泳水着を選ぶのって悩みますよね。

自分がベストを出すために最適な水着を選べるようにお手伝いさせて頂きます!

メンズ競泳水着の選び方

本記事では試合用水着の購入を目的としていて、少しでも自分にフィットした競泳水着を選びたいと考えている方向けに、選び方とおすすめの人気モデルをランキング形式でご紹介いたします。
(フィットネスでの着用や、練習用水着をお探しの方はこちらを参考にしてください。)

 

競泳水着の形状

まず、競泳水着の形状は大きく「ハーフスパッツタイプ」「ボックスタイプ」「ブーメランパンツタイプ」「ロングスパッツタイプ」の4種類があります。
それぞれ簡単に特徴を解説していきます。

 

ハーフスパッツタイプ

ウエストから膝上まで覆うタイプの水着で、練習用はもちろんのこと試合で最もよく使用されているタイプです。


ボックスタイプ

ハーフスパッツタイプよりも短いモデルで、股下数cm程度のものが多くを占めます。
ハーフスパッツタイプよりも丈が短く、肌を覆う面積も少ないため、長時間練習をされるという方にはおすすめです。

 

ブーメランパンツタイプ

ブーメランパンツタイプはブリーフ型とも呼ばれていて、逆三角形をしています。
体を覆う面積が少ないのが特徴で、他のタイプと比べると体を締めつけられている感覚が少なく、股関節の可動域が広いため、動きやすいのがメリットです。

 

ロングスパッツタイプ

ロングスパッツタイプは、ウエストから足首までを覆うタイプのものです。

 

上記4種類の中でも、公式の競技会で使用される競泳水着は、ウエストから膝上までのハーフスパッツのデザインがほとんどです。
ハーフスパッツタイプは公式大会規定を満たしている上に、肌に密着して水の抵抗を減らし筋肉をサポートするため、タイムを少しでも縮めたい方はこちらがおすすめです。

 

 

公式大会規定

公式の競技会に出場する場合は、FINA(国際水泳連盟)が承認したラベル付きの水着を着用することが義務付けられています。
このFINA公認マークはヒップ部分に付いていますので、必ず確認をしておきましょう。

また、国際水泳連盟(FINA)規定として、下記4点が定められております。

 (1) 水着の形状(身体を覆う範囲)は次の通り。
  1)男子はへそを超えず、膝までとする。
  2)女子は肩から膝までとする。ただし首、肩を覆うことはできない 。
 (2) 素材は繊維のみとする。
 (3) 重ね着は、禁止。着用できる水着は一枚のみとする。
 (4) 水着あるいは身体へのテーピングは禁止とする。
 *上記記載ページはこちらを御覧ください。

公式の競技会においては、これらの条件を満たしていない水着を着用している場合、レースへ出場ができなくなってしまうため初心者の方はお気をつけください。

 

ロングスパッツタイプについて

「あれロングスパッツタイプで試合に出ている人を昔テレビで観たよ?」と疑問を持った方もいらっしゃると思いますので、少し補足させていただきます。
2008年頃から、足首にかけてまで覆われているラバー素材のロングスパッツタイプ水着を多くの選手が試合で使用していました。
代表的なモデルとして、speedo社のレーザーレーサー(LZR Racer)などは有名かと思います。(いわゆる高速水着)

しかし、あまりにも水着の性能が高く、この水着を履かないと不利になってしまうという問題にまで発展しました。
また、水着にばかり注目が集まり、水泳という競技の意義自体が問われることになったのです。
そこで、再度「選手が主役の競技である」という意識のもと、2010年から今の規定が適応され、実質的にロングスパッツタイプの高速水着を試合で着用することは禁止となりました。
そのため、近年試合でロングスパッツタイプの水着を見かけることはなくなったのです。(もちろんフィットネス用であれば着用可能です。)

 

 

水着を選ぶ基準について

一概にこの水着がいい!と明確に言えるような基準はなく、いろいろなメーカーが独自の理論の元、試合用水着の開発を行っております。
水泳選手が好んで履いている水着がバラバラなのからも分かる通り、人によって合う水着というのは異なります。
そのため今回は、最低限購入前に気にしていただきたいポイントを一つ挙げさせていただきます。
それは「どれくらいの距離を泳ぐのに適した水着なのか?」ということです。
そもそも試合用水着には、短距離に向くものと中長距離に向くものがあり、それぞれ特徴があります。
短距離向けの水着は比較的締め付けが強く、キック力を上げるための工夫がされている水着などが存在します。
一方中長距離用のものは一定の締め付けは残しつつも、足が動きやすく柔軟性のあるものが多いです。
そのため、自分が得意とする距離は短距離なのか中長距離なのか?どちらのレースが多いのか?ということを念頭においていただけると、選択ミスが減ります。

 

スパッツタイプのおすすめ人気モデル10選

前置きが長くなってしまいましたが、ここからは実際にレースで着用する際におすすめの競泳水着10着をご紹介いたします。
今回は”レースで少しでも好タイムを出す”ということを目的としているため、水着のタイプはすべてハーフスパッツで選びました。
またこちらの10着はFINA公認マークがついていることを前提としており、水の抵抗を低減する工夫がされていることと現在のトレンドを重要視した上で、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトのレビュー評価(2021年5月10日時点)を参考に選びました。

 

順位 商品画像 商品名 最安値 メーカー 向いている距離 サイズ
10位 TOP iMPACT LINE RAiOstream2   asics 短距離 XS・S・M・L
9位 アクアスフィアー XPRESSO X   phelps マルチ XS・S・M・L・XL・XXL
8位 AVICTOR TYR   TYR マルチ XS・S・M・L・XL
7位

GX SONIC4 ST
(2019年度モデル)

  mizuno 短距離 2XS・XS・S・M・L・XL
6位 FASTSKIN LZR Pure Valor Jammer   speedo 中・長距離 20(3S)・22(SS-S)・24(M-L)・25(O)
5位 GX・SONIC 5 ST   mizuno 短距離 2XS・XS・S・M・L・XL
4位 GX・SONIC 5 MR   mizuno 中・長距離 2XS・XS・S・M・L・XL
3位 TOP iMPACT LINE RAiOglide2   asics 中・長距離 2XS・XS・S・M・L
2位 ULTIMATE AQUAFORCE X CP   arena 短距離 SSS・SS・S・M・L・O
1位    ULTIMATE AQUAFORCE X MF    arena  中・長距離   SSS・SS・S・M・L・O

 

 

10位【asics】<TOP iMPACT LINE RAiOstream2>

向いている距離 短距離
サイズ XS・S・M・L
カラー ブラック×ブルー(KB)
ブラック×クリアグリーン(KC)
ブラック×レッド(KR)
ブラック×シルバー(KV)
素材

【身頃:STiNGERskin-LS】
(ナイロン71%・ポリウレタン29%)
流水抵抗を低減する姿勢をサポートする低伸縮性の素材

【脇:STiNGERskin-LF】
(ナイロン75%・ポリウレタン20%)
適度なホールド性がある素材

太もも外側から柔らかい生地を配置することで、足の内転時にかかる生地張力による不快感を低減し、股から太ももにかけて張力の働く素材を配置した構造となっており、脚が閉じた一直線の姿勢をサポートします。
腰まわりは異なる剛性を持つ生地を適所に配置し、骨盤にかかる着圧分布を調節し、腰を高い位置に保ちやすくしています。
また、水の抵抗を低減するためにパーツ数を可能な限り少なくし、表面の凹凸を少なくした設計にしています。
これらの機能により、特に後半からラストにかけてのスピードを維持しやすくなります。
素材は従来モデルと比較し約27%軽量化(前身パーツに採用している素材の重量を比較)し、素材表面をフラットに加工することで流水抵抗を最大で約2.3%低減しています。
また選手が持つパフォーマンスを十分に発揮できるよう、身体の長軸方向、周径方向のストレッチ性を高めるなど、水中での働きやすさに配慮しています。

 

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

9位【phelps】<アクアスフィアー XPRESSO X>

向いている距離 マルチ
サイズ XS・S・M・L・XL・XXL
カラー BLK/YELLOW:ブラック/イエロー
BLUE/BLK:ブルー/ブラック
NAVY/BLUE/RED:ネイビー/ブルー/レッド
Black/Bright Pink:ブラック×ブライトピンク
素材  ポリアミド:エラステン

イタリア製の水着で、メーカー名からも推測できる通りマイケルフェルプス(MICHAEL PHELPS)企画監修のaquasphere MPライン競泳用水着です。
柔軟な動きを可能にする立体製法”EXO FOIL”で作られており、フィット感の持続性が高い・撥水性が高い・水分吸収率が低いことが特徴です。
より良い血行を促す高度なコンプレッション性能で縫い目を省き、ツッパリ感の軽減による下半身サポートします。

 

Amazonでチェック

Yahoo!ショッピングでチェック

楽天市場でチェック

8位【TYR】<AVICTOR TYR>

向いている距離 マルチ
サイズ XS・S・M・L・XL
カラー BKML(004):ブラック×マルチ
BKBL(011):ブラック×ブルー
BKGY(088):ブラック×グレー
RD(610):レッド
素材  ナイロン70% ・ ライラク30%

 

アメリカ製の水着で、スピードと性能を最大限高める為にあらゆる技術を駆使し開発されたTYR TECHNICALシリーズです。
トップアスリートの動きを解析し最高の素材を組み合わせることにより、さらに速さを追求したモデルとなっております。
また、印象的な見た目で観戦する人の目を引き、試合用水着の中ではかなり着やすいと言われる部類に入ります。
確かなコンプレッションを有しながらも、中・長距離で圧倒的な存在感を見せるレデッキー選手が使っていた水着とあって、中・長距離でも愛用されています。

 

Yahoo!ショッピングでチェック

楽天市場でチェック

7位【mizuno】<GX SONIC4 ST(2019年度モデル)>

向いている距離 短距離
サイズ 2XS・XS・S・M・L・XL
カラー ブルー
素材

 【SONIC LIGHT-RIBTEX 2S】
(ナイロン62%・ポリウレタン33%・ポリエステル5%)

【SONIC LIGHT-HP】
(ナイロン66%・ポリウレタン34%)

【SONIC LIGHT-RIBTEX 2】
(ナイロン65%・ポリウレタン35%)

軽量性に関しては、表面凹凸に微細な縦溝を施すことで、前モデルGXSONIC3と比較して摩擦抵抗約2.6%低減、約3.2%軽量化しました。
短距離種目を専門とするスプリンターモデルで、太もも後ろ面の筋肉(ハムストリングス)をサポートし、広い裏地エリアで浮き感を大きく向上させました。
また、クロス状サポートラインで強靭なアップ&ダウンキックを実現しております。

 

 

Amazonでチェック

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

6位【speedo】<FASTSKIN LZR Pure Valor Jammer>

向いている距離 中・長距離
サイズ 20(3S)・22(SS-S)・24(M-L)・25(O)
カラー ブラック
素材  LZR Pure Pulse(ナイロン65%、ポリウレタン35%)

軽量、柔軟性、速さに優れた水着で、日本を含むアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアの世界のスイマー330名以上の協力を得てSpeedo Aqualab(R)によって開発されたレーシングモデルです。
数多くのスイマーに愛されたFastskin LZR RACER ELITE 2がさらなる進化を遂げ、脚の内側に設計されたインナーレッグシームによって脚部の筋肉をサポートします。
適度な着圧を好むスイマーや複数種目に取り組むスイマー、長距離スイマーにオススメのモデルですが、自由形の短距離選手であるNathan Adrian選手も着用をしており、短距離選手にも好まれています。

 

 

Amazonでチェック

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

5位【mizuno】<GX・SONIC 5 ST>

向いている距離 短距離
サイズ 2XS・XS・S・M・L・XL
カラー オーロラブルー
素材  <ソニックライトリブテックスUW>
ナイロン65% ・ ポリウレタン35%

<ソニックライトP-UW>
ナイロン66% ・ ポリウレタン34%
裏地:ナイロン65% ・ ポリウレタン35%

第7位で紹介したミズノのGXシリーズ最新作(2021年5月10日時点)で、短距離専用のスプリンターモデルです。
強いハムストリングスサポートでキックを支え、広い裏地エリアで浮き感を大きく向上させました。
動的解析手法「筋骨格シミュレーション」により、裏地エリア設計&クロス状サポートラインで強靭なアップ&ダウンキックを実現し、おなかの落ち込みを防ぎフラット姿勢をサポートします。
また、世界最先端技術により撥水性能向上したソニックライトリブテックスUW、水中軽量感20%UPを実現しております。
50m自由形日本記録保持者の塩浦慎理選手や、短距離バタフライの小堀勇気選手も着用しているモデルです。

 

 

Amazonでチェック

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

4位【mizuno】<GX・SONIC 5 MR>

向いている距離 中距離
サイズ 2XS・XS・S・M・L・XL
カラー オーロラブルー
素材  <ソニックライトリブテックスUW>
ナイロン65% ・ ポリウレタン35%

<ソニックライトP-UW>
ナイロン66% ・ ポリウレタン34%
裏地:ナイロン65% ・ ポリウレタン35%

 

5位でご紹介したGXシリーズ最新作の中距離向けマルチレーサーモデルバージョンです。
下半身全体をサポートし、4泳法や長い距離でも足を動かしやすく軽さを追求しています
STモデルと同じく、キックをサポートする裏地とクロス状サポートラインに加え、おなかの落ち込みを防ぎフラット姿勢をサポートしてくれます。
また、世界最先端技術により撥水性能向上したソニックライトリブテックスUW、水中軽量感20%UPをSTモデル同様実現しております。
元200m平泳ぎ世界記録保持者の渡辺一平選手や、2019年世界水泳選手権でオリンピック・世界水泳選手権を通じて日本競泳男女史上初の200m自由形メダリストとなった松元克央選手も着用しているモデルです。

 

Amazonでチェック

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

3位【asics】<TOP iMPACT LINE RAiOglide2>

向いている距離 中・長距離
サイズ 2XS・XS・S・M・L
カラー パフォーマンスブラック
フレンチブルー
素材

表地 本体/ナイロン68% ポリウレタン32%
表地 切替部分/ナイロン60%、ポリウレタン40%
裏地/ナイロン70%、ポリウレタン30%

第10位でご紹介したasicsのTOP iMPACT LINEシリーズで、streamに比べて少し柔らかく動きやすいのが特徴です。
レースのスタートからフィニッシュまで、スイマーの姿勢を『一直線』に保ち流水抵抗の低減を追求する『CORESTINGER』機能搭載で、より柔らかい着用感を好むスイマー向け『RAiOglide2+』の機能構造を継承したモデルです。
streamバージョンと同じく各機能により、特に後半からラストにかけてのスピードを維持しやすくなります
また選手が持つパフォーマンスを充分に発揮できるよう、身体の長軸方向、周径方向のストレッチ性を高めるなど、水中での働きやすさに配慮しています。
100m自由形日本記録保持者の中村克選手も着用しているモデルとなっております。

 

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

2位【arena】<ULTIMATE AQUAFORCE X CP>

向いている距離 短距離
サイズ SSS・SS・S・M・L・O
カラー SBLU:Sブルー×イエロー
素材  【アクアフォースフィルム12】
(ナイロン66%・ポリウレタン34%)

【アクアフォースFフィルム】
(ナイロン64%・ポリウレタン36%)

アリーナのULTIMATEシリーズ最新作。
新たなテープと配置で「サポート力」の向上を実現しました。
グリップ力を高めた新たなテープを使用することで、摩擦力を高め、水着と身体のずれを軽減し、前モデル「アルティメット・アクアフォース CP」と比べてキック力が約11%アップ(筑波大学調べ)しました。
さらに、テープの位置を臀部らからハムストリングにかけてY字に配置することで水中での足のポジションをコントロールします。
バタフライ50mと100mで日本新記録保持者の川本武史選手が着用されていたことからも、短距離向けの選手にはピッタリの一枚です。

 

 

Amazonでチェック

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

1位【arena】<ULTIMATE AQUAFORCE X MF>

向いている距離 中・長距離
サイズ SSS・SS・S・M・L・O
カラー SBLU:Sブルー×イエロー
素材

 【アクアフォースFフィルム】
(ナイロン64%・ポリウレタン36%)

【アクアフォースフィルム12】
(ナイロン66%・ポリウレタン34%)

第2位に引き続き、アリーナのULTIMATEシリーズ最新作のULTIMATE AQUAFORCE X MFが堂々の1位となりました。
第2位のULTIMATE AQUAFORCE X CPは短距離向けなため、水着が少し固いと言われています。
一方MFモデルは足回りの動かしやすさ、自由さが非常に良いと評判で、2020年の評判からも着用率が最も増えた水着の1つです
身体の動きに追随する軽量な水着を追求し、前モデルでは切り替えを入れていた身頃部分を、今回の水着では身頃に切り替えのない1パーツで構成することで、泳動作時に重要な股関節の可動域を確保できるように股関節部分の着圧を約13%軽減(DISC調べ)し、より動かしやすくなりました。
ウエストおよび臀部にパワー素材の裏地を配置することで着用時の体幹をサポートすると共に、臀部の筋肉のブレを抑えます。
2019年世界水泳選手権で200m個人メドレー日本人初の金メダルを獲得した瀬戸大也選手が着用しており、大変注目を浴びている一着です。

 

 

Amazonでチェック

Yahoo!PayPayモールでチェック

楽天市場でチェック

まとめ

今回ハーフスパッツタイプのレース用おすすめ競泳水着10着をご紹介しましたが、気になるモデルが見つかれば幸いです。
少しでも水の抵抗を減らすにはどうすればよいのか?あと少し水着を軽量化できないか?水中での動きやすさをより実現するためには?
など、水着を着用する選手たちのことを考えて、各社日々よりよい水着を作るために研究開発を進めております。
そのため、毎年のように進化した水着が各社から発売され、今回ランクインした水着の多くが現時点での各社の最新モデルでした。
一概に新しいモデルが自分に合っているとは限りませんが、自分の好みに合う水着を開発しているメーカーのモデルをチェックするのはおすすめです。


PR Link:キャッチが上手くなる為のキャッチパドルの開発秘話とは?
アンケートにご協力ください。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

catch paddle banner

swimsupport_banner
p-wosh_recruit

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル