キックで腹筋を使えるようにする為のトレーニング

スポンサードリンク

キックは足だけでなく、腹筋から打つものだ!!
というのは良く聞いた事があると思いますが、その為にはキックに使える腹筋を鍛えなければいけません。
しっかりとキックのパワーアップが出来る腹筋トレーニングをやりましょう。


ダブルレッグ腹筋

どうやってやるかについてまずは解説をしていくと、寝そべった状態で、膝を寄せます。
膝を寄せすぎて背中が丸まりすぎないようにしましょう。


この状態から足を真っ直ぐ伸ばしていきます。
最初は斜め45度位に足を伸ばしていきましょう。
強度を強くしたいかたは、なるべく真っ直ぐにし、角度を浅くすることで強度を上げる事ができます。


足を伸ばしてから引く時に腹筋から足を戻すようにしましょう。
ここで使う腹筋がキックで活用出来る筋肉になっていきます。


このトレーニング、非常に効果的なのですが、腰を痛めやすいトレーニングでもあります。
足を伸ばした時に腰が反ってしまうと腰に負荷がかかってしまいますので、腰にタオルなどを敷き、つぶすように意識しながら腹筋をしましょう。



この記事は、『How to do: Double leg stretch』より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル