初心者の方におすすめしたい、身体が沈まないための練習

スポンサードリンク

身体がどうしても沈んでしまう時、このドリルを実践してみましょう。
上級者の方も復習として読んでみてください。


キャッチアップのやり方

キャッチアップは、手を入れ替えるタイミングを少しゆっくりとさせます。


どういうことかというと、通常は手を揃えず身体をひねっていくと思いますが、
身体の正面で手がリカバリーされ、入水されたシーンで手を揃えます。


そして再度反対側のストロークをおこなっていきましょう。

やる目的

今回のドリルでは以下の目的があります。

  • キャッチを丁寧に行う
  • 左右の差を分かりやすくする


  • 一つずつ解説していきます。

    キャッチを丁寧に行う

    通常のストロークでは常に回転をし続けている為、キャッチ部分を適当にやっても進みます。
    ですが、今回のドリルはキャッチがしっかりとできないと前に進みづらくなってしまいます。


    大事な事はしっかりとキャッチで水を掴み、プルをしながら後ろに水を押し出す事です。

    左右の差を分かりやすくする

    左右の差は通常の方であれば必ずしも出てくるものです。


    大事な事はそれをしっかりと自分で認識しておく事。
    陸トレなどで分かっている方も、まだ分かっていない方も、
    左右どちらの手が得意なのかを理解しておきましょう。



    この記事は、平野司のDrill Lesson|course.2 キャッチアップより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル