バタフライの基礎ドリル

スポンサードリンク


バタフライの基礎を作っていく為に

バタフライを上手く泳げるようになるために、ドリル練習を行いましょう。
いきなりバタフライを泳ごうとすると非常に苦戦します。
そこで、基本的なドリルをやる事で身体の使い方を体感する事が出来ます。
映像を見本として、一緒にトレーニングしましょう。



今回のポイント

  • 両手揃えキック
  • スカーリング+キック
  • ワンストロークドリル
  • 2ストローク+スカーリング



両手揃えキック

手を両脇に揃えて上半身のうねりを意識してキックを打っていきます。
バタフライでは、”うねり”が非常に重要になっていくので、ここで感覚を掴めるようにしていきましょう

スカーリング+キック

先ほどやったドリルに、スカーリングを加えていきます。
うねりを意識する事は変わりません。
ここでのポイントは、入水からアウトスイープ、キャッチまでの動きの感覚を掴んでいきます。

ワンストロークドリル

バタフライのワンストロークだけを行うドリルです。
この辺りから徐々に難しくなっていきますが、顔を出すパターンと出さないパターンと
両方をトレーニングする事が大事になってきます。
パワーを出す事を意識してください。

2ストローク+スカーリング

このドリル、非常に難しいです。
ストロークのキャッチの部分を意識して特に注意して実行していきます。


今日の名言

夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る。

坂本 龍馬

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル