競泳で結果を出すための目標設定のやり方と具体例

スポンサードリンク

練習してもなかなか上達しない人がいます。それはなぜでしょうか。
動画セミナーを元に説明していきます。


水泳上達の鍵

それは以下二つです。

  • 目標を決める
  • 技術を身につける


  • では詳しく解説していきましょう。

    目標を決める

    トップの方々は無意識にやっていると思いますが、
    以下ステップを踏んでいきましょう。


    1.具体的な目標を決める
    2.目標設定までの中間地点を考える
    3.日々の練習の目標までブレイクダウンする


    例えば、今現在(2015年12月))50m自由形が30秒00だとして
    1.2016年12月に29秒00を切る!
    2.2016年6月の試合までに29秒5を出す。(前半13秒5、後半15秒5)
    3.日々の練習で25m×2の合計タイムで29秒を切る


    こういった形でブレイクダウンしていると日々の練習にも非常に刺激的になります。

    技術を身につける

    技術といってもなかなか一朝一夕にはつきません。
    以下ステップを踏んでいきましょう。


    1.必要な技術が何かを調べる
    2.どうやったらその技術が身に付くかを知る
    3.身につけた技術をレベルアップさせる


    ここでの技術とは、抵抗を減らしたり推進力を上げたりすることです。
    筋力をあげるというのは技術に含まれません。



    いかがでしたでしょうか。
    普段意識しているかたも、していない方もしっかりと目標設定して必要な技術を身につけていきましょう。
    もちろん、必要な技術を身につけるのはswim mediaでね☆



    この記事は、ビデオセミナー1-01:練習しても上達できないのはなぜ?
    より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル