腰痛の方にお勧めしたい、腰に負担の少ない腹筋の鍛え方

スポンサードリンク

ボディポジションを高めるには腹筋を鍛えるだけでなく、お尻も鍛えましょう。
体幹+お尻の筋トレをする事でボディポジションを高くする事ができます。


腰上げ腹筋のやり方

仰向けで膝を曲げた状態で寝転がりましょう。
腹圧を入れつつ、手はバンザイにしましょう。
泳ぎを意識して肩から先はリラックスしておきます。


腰をゆっくりと持ち上げていき、身体のラインが真っ直ぐになる所まで引き上げます。


身体のラインは真っ直ぐに


真っ直ぐなラインになったら膝の角度も注意してみましょう。
90度の角度になっていますか?


膝の角度は90度にしましょう


綺麗な姿勢を作れたら、この状態から体幹に力を入れつつお尻をしめる動きをやります。
全力でしめつけるというよりも70%位で余裕があるようにしながらキープします。


体幹とお尻を同時に鍛える


上に上げて15秒キープしたら降ろしましょう。
10セットほどやってみて、しっかりとお尻と体幹がきつくなったら正しいやり方ができています。
地味に見えるトレーニングですが、しっかりとやれば十分泳ぎに役立ちますよ!!


何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

2 Responses

  1. ヒロヤ より:

    いつも参考にさせて貰ってます。

    ところで、『腹圧を入れる』とはどういう状態でしょうか?
    腹圧そのものがイマイチよく分かりません。
    宜しくお願いします。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル