【水泳】大会前日の練習で気をつけたいこと

スポンサードリンク

この記事を見られている方は、おそらく大半の方が、試合前日だと思います。
試合前日にどんなトレーニングをしたら良いか、何を気をつけたらよいかを解説していきます。

試合前日の練習で気をつけたいこと

試合前の練習で良くありがちなのが、オーバーワークです。
翌日朝起きたときに「あれ?身体が何か疲れている?」と感じてしまう、あれです。


どうしても試合前となるとアドレナリンが出ていて、疲れを感じづらくなっているので物足りないくらいで練習は止めましょう。
たとえば練習方法の一例しては、これくらい。自分で強度は調整してください。

Style Distance Cycle Description
S Choice 200 × 1 ウォーミングアップ
  IM 50 × 4 +15秒 IM/Fr 25mずつ
K Choice 100 × 1 イージー
  Style 50 × 4 +20秒 25mずつ 楽に速く/イージー
P Choice 100 × 1 イージー
  Style 50 × 4 +20秒 25mずつ 楽に速く/イージー
S Choice 100 × 1 イージー
  Drill 25 × 8 +20秒 ドリルワーク(可能ならいつもの)
  Style 50 × 6 +20秒 1t(12.5mRP/Easy)2t(25mRP/Easy)3t(Easy)*2set
  Choice 200 × 1 HR 120に徐々に落としていく



実はこれくらい簡単なメニューで良いんです。
もしこれでも練習量多いかもという方は、それぞれの本数を半分にしてくださいね。


わからないことがあれ下部のコメントでご質問ください。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル