水中で出来る筋トレでパワーアップしよう!

スポンサードリンク

プルを強化する為には、チューブトレーニングする事も重要ですが、水中でも筋トレ出来ます。
水中での筋トレが出来るやり方を学んでいきましょう!


1・2・プル

プルがしっかりと出来ている人は強化になりますが、しっかりと水をつかめていないとただの無駄な運動になってしまうのでご注意を。
まず、スカーリングで1回2回と水を捉える準備をしていきます。
この状態から一気に3回目で最後までストロークをしていきます。


この時、しっかりと水が掴めている事が重要となりますので、感覚を確かめましょう。
腕だけで押すと水が重たく感じてしまいますが、背中や肩などを使えると水をパワフルに押す事ができます。


腹筋などをつかって、しっかりと水を捉えられるようにしましょう。
大事な事は、パワーをつけること。
水中でもしっかりと身体を鍛えられるので、日常の練習に一つパワー系の練習として取り入れてみても良いでしょう。


この記事は、youtube内『Natation pour tous』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。


swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

catch paddle banner

swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

4 Responses

  1. 成田 力也 より:

    スイムパラシュートを使った練習を教えて欲しいです。
    よろしければ教えていただけませんか。

    • swim media編集部 swim media編集部 より:

      成田さん
      コメントありがとうございます!!
      スイムパラシュートの練習ですね!確かに練習方法ってあまり見ませんよね。
      効率が良い練習方法を考えた上で記事公開をさせていただきますね!

  2. より:

    今小学校低学年の子供教えていますが楽しく泳がせることができますか?
    あと、どうしたら早くなりますか?

    • swim media編集部 swim media編集部 より:

      悠さん

      コメントありがとうございます。
      楽しく泳がせるには、やはり”泳ぐ”こと自体を楽しく思ってもらう必要があります。
      子どもが楽しく泳ぎたくなる泳法やフォームを

      ”子供に泳ぎたい種目を選択して泳がせてあげ、ほめる”が一番良いと考えています。

      また、早く泳ぐ方法ですが、一番簡単な方法は、ひたすらに泳ぎこむことです。
      ただ、これだとあまり面白くないので、どうやったら前に進むのか、前に進むという事はどういうことなのか、何があると前に進まないのか、などを子どもと一緒に考えながら練習をすることで、楽しく速く泳ぐことが出来るかと思います。

      少し難易度が高い回答になってしまっていますが、是非頑張ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル